マンション売却

不動産会社選びの注意点

会社や担当者を見極める初めてマンションを売るときに1番悩むことが不動産会社選びです。

 

家の郵便ポストや新聞の折り込みに、不動産に関するチラシがたくさん入ってきませんか?

 

それを見ても、どこが違うのかよくわからないと思います。

 

査定を依頼する会社、売却を依頼する会社が多すぎて、どう選んでいいのかわからないという方のために、会社を選ぶ際の注意点を述べて行きます。

 

@分譲会社の系列の仲介会社
A財閥系・大手の仲介会社
Bマンションに特化した仲介会社
C地域に密着した地元の仲介会社
D不動産売却に特化した仲介会社

 

売却に対する会社ごとの取り組み方も重要ですが、それと同じ位担当者選びも大切です。

 

正しい担当者選びのポイントは、しっかりコミニケーションが取れ、自分と相性が合う人であることはもちろん、不動産取引のスキルや提案のレベルが高いかどうか、という点でしょう。

 

スキルやレベルを見極めるには、担当者に質問する内容を用意しておくことです。

 

「本当にこの査定額で売れますか?」と言う質問をする方がいますが、本当にいくらで売れるかは担当者にはわかりません。

 

ですから、このような質問はあまり意味がないです。

 

効果的な質問の例を3つあげます。

 

@「どういった時に価格を下げますか?」
A「購入されるターゲットは、どのような人ですか?」
B「広告活動は、どの程度やってくれますか?」

 

初めての事をする場合、慣れていないときに、失敗なく終える方の方が少ないでしょう。それはマンション売却でも同じです。

 

ですから、このサイトを売却の知恵袋として活用し、@からBの質問にちゃんと答えられる不動産会社の担当を選んでいただきたいです。

大手不動産会社か?地域密着型不動産会社か?

当然ですが、顧客情報がたくさん登録されているのは、大手不動産会社の方です。

 

これまでの広告や営業活動でストックした顧客リストが豊富にありますから、そのリストを使って見込み客を発掘することができます。

 

物件情報がもらえる友の会の会員数や自社のホームページが充実しているため、今物件を探している人も、これから探そうと言う人も含め、たくさんの人にあなたの物件情報を見てもらいます。

 

また大手不動産会社は資金力があるため、店舗も駅前や商業地など便利な場所に構え、売り手や買い手を集めるための広告もたくさんを出せます。

 

各事務所に印刷機が置いてあり、それで大量に刷ったチラシをまくなど、早くスピードチラシを作成できるシステムの会社もあります。

 

一方、中小や地元の不動産会社は、地域に密着して営業しているため、その地域の物件が欲しいと言うお客さんの情報がピンポイントで集まります。

 

また、不動産以外のことも、地元の情報に詳しく、大手も知らないような地域の情報を持っている場合も多いのです。

 

大手は大手の特色や良さ、中小は中小、地元は地元の良さがあるため、いろいろな不動産会社と付き合ってみるのが良いでしょう。

 

専属専任媒介8や専任媒介の場合は、大手1社と地元の中小1社の比較であれば、顧客情報が多い大手1社と契約する方が多いです。

 

お勧めする方法は、大手1社だけでなく、大手2社、3社、4社、5社、そして全ての地元不動産会社にも情報を提供し、売却成功に向けて広告をしていただくことです。

 

専任媒介で物件を預かると、他社には情報をほとんど提供しないと言う会社も少なくありません。

 

最もいい形が、専属専任媒介と専任媒介でも、情報を囲い込まず、両手仲介もせず、大手と地域密着の両方の不動産会社に参加してもらう売却活動です。

 

その結果、広告の量が増え、多くの人々に物件情報が行き渡ることになります。

 

参考サイト:マンション売却

「お客さんがいます!」という不動産会社にも注意

「売りマンションを求めている人がいます!」といったチラシが、家の郵便受けによく入っていないでしょうか?

 

「このエリア限定で探している人がいます! 3LDK以上、都内で開業されているお医者様のご家族で、縁のあるこのエリアでお探しです。
ご予算は8000万円まで」

 

「このマンション限定で購入したい法人様がいます!法人の社宅として購入予定です。2LDKから3LDKのお部屋を3戸から5戸程度、
大手企業様なのでご予算は3億円まで検討されます」 と言ったチラシが、これまでに投函された事はありませんか?

 

このチラシを「求むチラシ」「求む広告」といいます。
このように具体的な買い手がいると書かれていれば、売りたいと思っている人は誰でも気になるでしょう。

 

渡りに船とばかりに、すぐ連絡をしてしまうかもしれません。

 

しかしこれは、大抵はるか昔の顧客リストに載っている買い手情報を活用している場合がほとんどです。

 

ですから、このようなおとり広告には騙されないようにしましょう。

 

この人はすぐ売りたいのかなと足元を見られ、安く買い叩かれてしまう可能性もあります。
注意してくださいね!